薄毛になりやすい髪型ってあるの? | AGA・薄毛治療のおすすめランキング比較と口コミ・評判 | HARG療法研究室【全国版】

AGA・薄毛治療のHARG療法 > 薄毛のお悩み > 薄毛になりやすい髪型ってあるの?

薄毛になりやすい髪型ってあるの?


髪の毛のお洒落を楽しむのは悪いことではありませんが、将来の髪の毛の健康も考えながらヘアアレンジを楽しんでいきましょう。髪の毛の色を頻繁に変えたり、パーマをかけたりしてさまざまな髪型を楽しんでいる人をたまに見かけます。髪型が頻繁に変わっているとお洒落な人だと感じますし、見ているほうも楽しい気持ちになります。ですが、頻繁にヘアカラーやパーマをしているということは、頭皮や髪の毛にダメージを与え続けているということになります。若いうちは問題なくお洒落を楽しめているかもしれませんが、人によっては年齢を重ねるにつれて薄毛の症状が出てきてしまうかもしれません。では、どのような髪型にしていると薄毛になりやすくなってしまうのでしょうか?

髪の毛の色を明るくしてばかりいると薄毛になる

髪の毛の色を明るくするには、髪の毛の色素を抜く「ブリーチ」を行わなければいけません。ブリーチ剤はとても強い薬なので、市販のものを使用しても美容室のものを使用しても、頭皮と髪の毛に大きなダメージを与えてしまうでしょう。たまにブリーチをして髪の毛を明るくするのなら大丈夫ですが、あまりにも頻繁に色素を抜いていると、髪の毛の健康面を考えたときにあまり良くありません。ブリーチ剤を使用せずにヘアカラーだけで髪の毛を染めている人も、ヘアカラーにはブリーチ作用があるので気を付けましょう。
ブリーチ作用によるダメージを気にせずに髪の毛の色を変えるには、カラーバターを使用してみると良いかもしれません。カラーバターにはブリーチ作用がなく、髪の毛の表面にだけ色素が浸透します。ヘアカラーに比べると色落ちしやすいですが、髪の毛にほとんどダメージを与えずに染められます。頭皮を痛めることもないので、薄毛のリスクを減らせるでしょう。

髪の毛をきつく結んでいると薄毛になる

髪の毛をきつく結んでばかりいると、薄毛になってしまう可能性があることをご存知ですか?ヘアカラーをしたわけでもパーマをかけたわけでもないのに、髪の毛を引っ張る強い力によって頭皮が刺激を受けてしまい、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。お洒落のためだけでなく、仕事で髪の毛をきつく結ばなければいけない人もいるかもしれませんが、そのような場合には結ぶ位置を変えるなどしてみましょう。いつも同じ位置にばかりきつく結んでいては、その部分にだけ負担がかかってしまいます。将来、髪の毛を結んでいた位置だけが薄毛になってしまうかもしれないので、できるだけ気を付けておきたいですね。
娘の髪の毛を結んであげている親も多いと思いますが、あまり強く結びすぎないように気を付けてあげましょう。小さいころから髪の毛をきつく結んでいると、大人になってもクセが抜けずにきつく結び続けてしまう人が多いです。小さいころのヘアアレンジが原因で薄毛になってしまっては大変なので、できればこのことを親が知っておき、髪の毛をきつく結びすぎないように教育したいものです。


HARG治療クリニックランキング

中央クリニック

  • 総合評価:4.88点
第1位

HARG治療センター

  • 総合評価:4.58点
第2位

東京銀座長澤クリニック

  • 総合評価:4.28点
第3位

ノエル銀座クリニック

  • 総合評価:4.02点
第4位

はなふさ皮膚科

  • 総合評価:3.80点
第5位
HARG治療
クリニックランキングはこちら