タバコと薄毛の相関関係について | AGA・薄毛治療のおすすめランキング比較と口コミ・評判 | HARG療法研究室【全国版】

AGA・薄毛治療のHARG療法 > 薄毛のお悩み > タバコと薄毛の相関関係について

タバコと薄毛の相関関係について


タバコが人体に有害であることはよく知られていますが、実は薄毛にもタバコが関係することがあるってご存知でしたか?タバコと薄毛の相関関係とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

必ずしもタバコで薄毛になるとは限らない!?タバコと薄毛の関係性とは

喫煙で薄毛になるとまことしやかに囁かれていますが、実はタバコが必ずしも薄毛の原因になるとは限りません。薄毛の原因は様々な要素が考えられるため、タバコ以外の要素が薄毛の原因である場合も見られるからです。
ただし、タバコが薄毛になる原因のひとつであることは間違いありません。したがって、既に薄毛になってしまっている方はもちろん、薄毛の予防をしたい方もできればタバコは吸わない方が良いでしょう。

タバコが薄毛の原因となる理由

では、薄毛の原因となるタバコの害は、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

ニコチンによる血管収縮作用とビタミン消費

タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があり、体内に入ると、頭皮周辺を含む全身の血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると頭皮に栄養が届きにくくなるため、頭皮環境の悪化に繋がるのです。
また、ニコチンは、体内の栄養吸収に必要なビタミンCを破壊するため、髪の成育に必須となる様々な栄養分の吸収が阻害されてしまいます。

煙に含まれる一酸化炭素による悪影響

通常、酸素が体内に入ると、血液中のヘモグロビンと結合し、全身に酸素が回っていきます。ところがタバコの煙を吸うと一酸化炭素がヘモグロビンと結合し、酸素の結合を邪魔してしまうのです。酸素が足りなくなることで、毛母細胞の活動が弱まり、薄毛の原因となってしまいます。

愛煙家が薄毛を改善・予防するためには

自分でできるケアは、タバコの本数を減らす今流行りの電子タバコに変えるといった方法です。禁煙を考えるなら、禁煙外来の利用も良いでしょう。
薄毛の原因を突き止めて効果の高い治療を行うなら、薄毛治療専門のクリニックに通うのがいちばんです。


HARG治療クリニックランキング

中央クリニック

  • 総合評価:4.88点
第1位

HARG治療センター

  • 総合評価:4.58点
第2位

東京銀座長澤クリニック

  • 総合評価:4.28点
第3位

ノエル銀座クリニック

  • 総合評価:4.02点
第4位

はなふさ皮膚科

  • 総合評価:3.80点
第5位
HARG治療
クリニックランキングはこちら