アミノ酸系界面活性剤で薄毛を改善! | AGA・薄毛治療のおすすめランキング比較と口コミ・評判 | HARG療法研究室【全国版】

AGA・薄毛治療のHARG療法 > 薄毛のお悩み > アミノ酸系界面活性剤で薄毛を改善!

アミノ酸系界面活性剤で薄毛を改善!


薄毛が気になる方の間で時々話題になるのが、アミノ酸系界面活性剤。いわゆるアミノ酸系シャンプーです。ここでは、アミノ酸系界面活性剤の特徴をご紹介した上で、何故頭皮に良いのかを説明いたします。

アミノ酸系界面活性剤の特徴

アミノ酸系界面活性剤には、以下の2つの特徴があります。

髪や頭皮への刺激が少ない

市販のシャンプーの多くは石油系の界面活性剤を使用するシャンプーですが、これらのシャンプーは大変洗浄力が強く、頭皮の大事なバリア機能となる皮脂まで洗い流してしまうこともあります。対するアミノ酸系界面活性剤は、洗浄力は石油系に劣るものの、必要な皮脂はしっかり残し、頭皮環境をほど良い状態に保つことができます。

少し値段が高め

天然成分由来であることから大量生産が難しく、価格が若干高めな傾向です。ですが薄毛の治療にかかる費用を思えば、十分安い価格と言えるでしょう。

アミノ酸系界面活性剤をおすすめしたいのはこんな方

薄毛が気になる方全員におすすめのアミノ酸系界面活性剤ですが、中でも特におすすめは、石油系シャンプーの刺激が原因で薄毛になった方乾燥肌や敏感肌の方などです。
これらの方は、頭皮がシャンプーの刺激に耐えられず薄毛に繋がっているので、刺激の低いアミノ酸系界面活性剤に切り替えることにより頭皮環境の改善が期待できます。

界面活性剤が悪とは限らない

皆さんの中には、界面活性剤=悪と思われている方もいらっしゃるかと思います。ですが、界面活性剤の全てが悪とは限りません。
界面活性剤は大きく分けて石油系と植物系の2種類あり、このうち洗浄力が高く頭皮への刺激が大きいタイプは、石油系です。したがって、薄毛が気になる方は、石油系界面活性剤シャンプーは避けて、アミノ酸など天然由来のシャンプーを使用しましょう。

ちなみにノンシリコンのアミノ酸系界面活性剤を使用すると、髪のきしみを感じる場合があります。この場合、シリコンに代わるコーティング成分が入ったシャンプーやトリートメントを使用するようにしましょう。


HARG治療クリニックランキング

中央クリニック

  • 総合評価:4.88点
第1位

HARG治療センター

  • 総合評価:4.58点
第2位

東京銀座長澤クリニック

  • 総合評価:4.28点
第3位

ノエル銀座クリニック

  • 総合評価:4.02点
第4位

はなふさ皮膚科

  • 総合評価:3.80点
第5位
HARG治療
クリニックランキングはこちら